用途を知る

工場

ベルトコンベアーは、荷物を連動的に運んでくれる機械です。製造会社などで使用する特殊機械になります。荷物を一つ一つ運び出すとなると、かなり時間がかかってしまい、効率が悪いといえます。また、重労働になるので運ぶ社員としては身体に負担がかかってしまうでしょう。しかし、ベルトコンベアーであれば人の力ではなく、原動力を持った機械が行ってくれるので、効率良く作業が行えます。日本工業規格で定義されている種類としては、チェーンやローラー、スクリュー、振動などコンベアのタイプで大きく8種類に分けられています。その一つであるベルトコンベアーは、モータから伝えられた動力をドライブプーリが受け、ベルトに巻き付くような形に取り付けられ、摩擦力が生まれ駆動力が発生させることができます。

ベルトコンベアーに乗せた荷物は、ベルトの裏面との摩擦力で運ばれます。面で受け止めているので、乗せられた荷物を搬送力は大きくなり、振動によって物が落ちることはありません。また、摩擦力が高くなることで、荷物を滑りにくくすることができるのです。また、搬送用のベルトを取り付けることによって、昇りの傾斜搬送でも落下防止に繋げられます。荷物が落下してしまうと製品を販売することができなくなってしまいます。しかし、専用のベルトを付けることで荷物が落ちる心配はありません。ベルトコンベアーを使用している企業があればベルトを使用してみてはいかがでしょうか。