機能性が高い機械

魚

漁を行う際にはポイントを探しますが、海の状況を把握していないと、魚がいる位置が分かりません。船の上では海水の中の状況を把握することは難しいといえます。しかし、魚群探知機を使用することで魚がいるところを特定することができますし、漁を行うポイントを決められます。魚群探知機を使用すると何故魚がいるところが分かるのかというと、超音波と周波数になります。水中に超音波を発射することで、魚の群れの反射波数で把握できるのです。魚や海底に当たると超音波の一部分が船底に戻ってきます。戻ってきたものを電気信号に変化し、受信回路として画面上に送り込まれる仕組みになっています。映像として表示される際には、カラー液晶ディスプレイに映し出すことができます。強い反応であれば、赤い色や柿色になり、弱いものであれば青色や緑色で画面に表示され、魚の大きさを画面で確認が可能です。カラー液晶で表示されると、海の中の状況が分からない場合でも見やすくしてくれる機械だといえます。

魚群探知機には色々種類があります。中にはGPS機能が付いているものがあります。その機能は、魚の位置や大きさだけでなく、画面に表示されている現在位置を特定できます。また、目的とするところを入力を入れることで、そこまでナビゲーションを行ってくれるものもあります。その他にも、その日の天候や海の状況などの情報を表示してくれるものもあるので、使用する目的に合ったものを取り付けると良いでしょう。